読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EXILEの新曲が一皮むけてる件(歌詞についてのエトセトラ)

おきなきゃ論考

 

 

EXILEの新曲が非常にぼく好みだった。

 


EXILE / Ki・mi・ni・mu・chu - YouTube

 

 

昭和と洋楽を同時に漂わせるグルーヴ感、繰り返される「君に夢中」、陽気一本かと思いきや歌詞は意外に退廃的でせつない。

 

あいつのせいで また今日も最低 そんなことばっかグチりまくってる

どうしようもないbad day ちょっと寄り道して カラオケ歌ってビール飲んで忘れよ

oh 金さえあれば幸せ? そうでもない気もするけど 

あの子にプレゼントくらいはしてみたい

Ki mi ni mu chu- Ki mi ni mu chu- 一日中、全然頭から離れない

Ki mi ni mu chu- Ki mi ni mu chu- 一日中 全然頭から離れない 

あいつの家に  みんな集まって 久しぶりにまた大騒ぎしてみよう

怒られちゃって 反省しながら 仕切り直して もう一回飲み直し  

SNSばっかやりすぎで 大切なこと忘れてないかい?

やっぱ俺たちは face to face で乾杯

Ki mi ni mu chu- Ki mi ni mu chu- 一日中、全然頭から離れない

Ki mi ni mu chu- Ki mi ni mu chu- 一日中 全然頭から離れない

恥ずかしがらないで 歌い踊り明かそう 

 

 

 

ぼくはこの脈絡のなさが大好きなんです。

今日は最低、酒飲んで忘れよう。かと思いきや不意のキミニムチュー連呼。あの子=kimiなのかも怪しいレベルで、もしかしたら友人達に対してのlove callの意味を暗に含ませてるのか、そんな気もしてくる。

 

ブツ切りの歌詞だからこそ生まれる多義性、広がり、たまらない。

 

で、作詞がどうやらアツシらしくて、正直驚いた。

数年前に「こんな世界を愛するために」とか書いていた若造がここまで粋なものを書き上げてくるなんて。「こんな」とか言っちゃダメでしょう。と漏らした記憶がある。

 

んなわけで、Ki mi ni mu chu、ただいま推してる一曲。

 

後日談というか今回のオチ。

この曲のせいで確実に未成年飲酒が増えると思う。お酒は二十歳になってから。