読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むかしのホームページが好きだ。

 

こ二日ほどブログのデザインをいじろうとしたけど、どうもうまくいかない。知識がゼロだからそりゃそうか。
べつに本格的にブログを書く人間にはならないしいいんだけど、見てくれる人がいる以上こっちの想像通りに見せたいというのが本当のところ。

 

かしのホームページが好きだ。あの時代はとても良かったと思う。
多くの人間がまだブログなんてとっつかない時代に、飄々と自分の考察を述べているホームページは何時間でも見入ってしまう。彼らには程よい自己顕示欲がある。
誰かに見て欲しいから綴っているのだろうけど、今と違いツイッターもない読者登録もない時代だから匿名性が高いしつながることもできない。ネットの海に文を放流するしか、方法がなかったのだ。
それでも彼らはぼくの何倍ものテキストを、豊富な知識とともにネットに上げていた。ものすごい熱量だと思う。
結果として他人とつながれない孤独が、彼らのテキストを走らせる要因にもなっていたのだろう。日々のくだらない暮らしや、どうでもいい駄文なんてそこにはない。全球全力。

 

このページはすごい!とか、本当は言いたくもあるんだけど黙っておく、彼らのテキストは適切な検索をかけると必ずヒットする。どうか自分で見つけてあげて欲しい。このページの更新が、既にされていなくても。

 


くのブログも、基本的にはテキストを読んでもらいたい。
ぼくの人柄なんてどうでもよくて、テキストと向き合ってもらいたい。そのためにデザインは文字を映えさせるものにしている。パソコンで見てほしいのが本当のところ。
でも、交流も欲しくなる、こういうところが弱いんだろうな。もっと精進して、面白いものを広大なネットに残していきたい。

あ、あとブログデザインをいじるためにオススメな参考書があったら是非教えてください。