読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コードギアスキャラ好悪

 

好きか嫌いか普通かとりあえず羅列、理由を後付け。


ルル…好き
スザク…嫌い
C,C…好き
カレン…普通
ナナリー…嫌う要素がない
ロロ…普通
シャーリー…普通
ミレイ…好き
リヴァル…普通
ニーナ…基本サイコレズだが二期最後の更生?により好き
アーサー(猫)…かわいい

扇…普通
玉城…普通
藤堂…普通

ディートハルト…嫌い
ラクシャータ…普通
皇神楽耶…好き
シャルル…うるさい
シュナイゼル…好き
コーネリア…普通
ユーフェミア…嫌い
マリアンヌ…嫌い
ジェルミア…好き
ヴィレッタ…普通
ロイド…好き
セシル…普通
シンクー…普通
マオ…普通
V.V…嫌い


 並べてみると、好き8、普通13、嫌い5と妥当なところに落ち着いた。普通のキャラクターは嫌いではないというより、好きだが思い入れはないライン。

<以下好きと嫌いについて個別感想>
人殺したから嫌いとか戦争したからダメとか言い出すと大変なので多めに見て。

 

ルル
目的意識の塊。ルルとゼロの間で揺れる人間味を出すあたりどうしても好きになってしまう。生徒会やスザクの救出がポイント高め。もっとも”魔神”よりに物語が進んでるのは否めないし、自分がコードギアスの世界線にいたとしたら、こいつが一番嫌いだろう。

スザク
中から変えてみせる!!とか言ってたものをどうやって変えるつもりだとかそういうヴィジョンが一切見えてこないクソガキ。”ギアスがなくてもやるつもりだったさ”と発言しているルルを見習ってくれ。ロイドがいなかったらそこらへんで死にたがっていた。

C.C
かわいい。

ナナリー
どう扱っていいのか悩むけど、まあ天使。嫌われる描写がないのも問題。

ミレイ
結婚したい。

ニーナ
フレイヤを作って引っ掻き回しておしまいかと思っていたら、罪を自覚し、対抗策の結果を出す可能性ヤンレズ。シリーズ通して一番成長が見られたキャラクター。

 

ディートハルト
ゼロからシュナイゼルに乗り換えたところまでは悪くないが”ギアスをかけて!ギアスを!”は NG。シュナイゼルを”ゼロすら凌駕するカオス”と認めたなら、最後までついていって欲しかった。強者に尻尾を振る犬。


カグヤ
直感で考えて正解をもぎ取るメスガキ。決断力あるやつは好きだよ。

シュナイゼル
好きというか嫌いというか、”システムというラスボス”を最終決戦にすえるからにはこういうキャラは必要。ブレなかったし。この手の向上心のかけらもなさそうなやつは本来参謀にいるはずなんだけどアニメだからね、しょうがない。

ユーフェミア
努力は認めてやるが一番面倒。生きてたら結局暴動が起きてそう。自分が使えないバカだと正しく理解してほしい。

ジェルミア
めちゃくちゃ美味しいオレンジを作りそう。

ロイド
天才キチガイ自覚ありキャラはどの世界線でも愛されますね。

マリアンヌ
wikiを見ればわかる。Cの世界が成功したとしてもこいつは嫌われた。自分のことしか考えないやつが思考筒抜けになったら終わりだろ、他人に優しくできる世界だからなんとか持ってたんだよお前は。

V.V
何がしたかったのかよくわからない。

 

 頭がよくて最後まで信念があるキャラが好き、という結論。一般層と大きく食い違うのは扇とニーナとユフィーだろうか。ニーナユフィーは説明済み。扇は”普通”なんだから、当然”使えない防波堤”が先にあって嫌うまでもないかなと。スザクと真逆だよね。スザクは有能ぶってる普通だから嫌い。