冷めたコーヒーへの解答 サン

 

「おいしい冷めたまま」  

 

 冷めてもおいしいと、おいしい冷めたままは違う。書いていて思い出したのだけれど、かの有名などこかのだれかの小説にはこんなセリフがある。

「冷めてもおいしいスープなんて嘘だよ」

細部は覚えていないけれど、こんなニュアンス。永遠なんて嘘だよ、僕もその通りだと思う。永遠に同じなんておそろしい。だから冷めてもおいしいは嘘だと思う。

 けれど、「おいしい冷めたまま」となるとどうだろう。冷めることを肯定して、そのなかで息をつづけること。それをおいしいと呼ぶことをあなたは否定できるでしょうか。

 詭弁?おいしくないものはおいしくない?ふふふ、じゃあお手本を見せてあげよう。

 

 


→冷めたコーヒーへのたったひとつの冴えた解答